上質な、気品溢れる幸せ

SKA_elements_homestory_mit-Personen.jpg
SKA_coffee_motiv3_0596_02.jpg

家具薪ストーブ販売店

Q,「薪ストーブ」にどのようなイメージをお持ちですか?
A,「大きな薪を炉内に入れ、薪ストーブトップでは、
お湯を沸かしたり、料理を作ったりして楽しむ。」
・・・そんな、日本でも1990年代から流行になった姿ですか?
しかし、私たちは変わりました!

日本国内で初めての、“家具薪ストーブ販売店”へ

薪ストーブはドイツなどでは、暖房家具(ヒーテングファニチャー)として認知されています。
IMG_3695.JPEG
IMG_3476.JPEG
IMG_3522.JPEG
渦巻 むらさき-文字入り.png
デザイナーは、扉、取っ手、ガラスなど、
全ての“箇所”に一切の妥協なし。
スキャンサームストーブは、他ブランドなどとは違い、
形が違うものには、形が違う全てが採用。
取っ手一つ見ても、デザイナーの美への追及。完全オリジナルはここまでやります。
shaker_milieu2-2012.jpg
turn_milieu4mini.jpg
elements_aufbau12_Eckansicht.jpg
渦巻 きいろ-文字入り.png
渦巻 あお-文字入り.png
IMG_5079_edited.jpg
IMG_5080_edited.jpg
外気導入専用ダクト
薪ストーブ設置にあたり、薪エネルギー燃焼には給気量が最も重要な設計計画です。
昨今のほとんどの住宅性能では室内空気に依存することは、もはや無理と言っても過言ではありません。
しっかりと外気から燃焼用酸素を取り入れてください。
「火室に入る薪の量=十分に燃焼できる酸素量」のバランスを理解することが重要で、今までのような室内空気に頼る施工は、もはや昔の話であり、現在の住宅ではとても危険な考え方の一つです。古い考えや、情報に惑わされずに正しい施工を行うことが家族の安全を守ることにつながります。スキャンサームエレメンツは、徹底的にデザインを大切にするため、給気ダクトが極力外部に露出しないように本体下、背面、さらには両サイドと、4か所どこからでも給気可能です。

究極の薪ストーブインテリア

2020年10月1日、発売決定!

8月1日より先行予約 受付スタート‼

ELEMENTSロゴ.png
ウッドラック.png

「エレメンツアイアンウッドラック」

ワンランク上の「自分流儀」をここに。

薪ストーブ素材である、

純鉄の無垢材。

様々な要素に合わせてカスタマイズされていく、自分だけの

ラグジュアリー。

ウッドラック バナー.png
ウッドボックス.png
矢印.png

完璧なまでに完成された

美しい炎

規則性の調和

200/400

600/800

 

オークが放つ美しい木目

29種類の

高品質の

革張り

自分流儀を今ここに